続・Unicodeのバージョン

Unicodeのバージョン」の続きです。

実際に、実装をしてみました。

今回対応した、文字集合として見た場合の、Unicodeのバージョン一覧です

Unicode 1.0
Unicode 1.1
Unicode 2.0
Unicode 2.1
Unicode 3.0
Unicode 3.1
Unicode 3.2
Unicode 4.0
Unicode 4.1
Unicode 5.0
Unicode 5.1
Unicode 5.2 (ドラフト2仕様)


実際の構造体の形式は「Unicodeの各バージョンに対応開始」にある通りで、始まり、終わり、対応するバージョン、という3項目の構造体の配列です。

各範囲ごとに、上にあるいずれかのバージョン情報を書き連ねています。

unicode.orgにある1.1以降のUnicodeData*.txtファイルを11個同時に開いて、丁寧に違いを見ながらリストを作るという超ローテク作業です。
まる二日で完成しましたが、思ったより早く済んで良かったです。


1.0の仕様書がないので1.1との明確な差が分かりませんでしたが、ネット上の他の情報をかいつまんでおきました。



さて、このUnicode側の文字番号は2.0以降の仕様準拠ですが、1.0/1.1と2.0以降はハングルの仕様に差があるため、これは先日作った入れ換え処理を用いました。概ね期待通りの動作をしているようです。


実際の指定方法ですが、コマンドラインツールの場合は、「UTF-16/UNICODE1.1」とか「UTF-8/UNICODE 4.1」のように、CES/CCSの形式で指定するのが標準的な書式となります。
charset名にあるような「unicode-2-0-utf-8」といったCESとCCSが融合したような書式も、いずれ対応します。

2009/01/07(水)21:48 |Comments(0) |Trackback(0)

製造開発 | プログラミング | コンピュータ | [編集]

▲ページトップ

コメント

コメントの投稿

Unicode 1.0とUnicode 1.1の仕様について ホーム Unicodeの各バージョンに対応開始
トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲ページトップ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

miraicorp

Author:miraicorp
未来情報産業(株) 社長

主として「ICカードこれひとつ」や「文字、文字コード」処理、時々C++などについて記述しています。

twitterツイッター

管理用

検索フォーム

お知らせ

コメント等お気軽にどうぞ。

気に入ったら拍手して頂けると、今後の記事を書く際の参考や励みになります。

■お仕事を募集しております
ソフトウェア製造の仕事や、原稿執筆の仕事などを随時受け付けております。
お気軽にご相談下さい

■初めての方へ
こまごまと更新しているため、他にも関連する記事があるかもしれません。
「月別アーカイブ」「検索フォーム」「カテゴリ」などをお試し下さい。
トップページはこちら

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

広告枠

メール

メールはこちら

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

QRコード

QR