EUC-HJ

EUC-HJの入出力に対応し、外字領域の変換に対応させてみた。


実装した仕様


EUC-HJは、調査した範囲では戸籍情報システムで用いられている符号であるらしい。
EUC-JPに対し、第2バイトを拡張して0x21‐0x7eを追加したもの。

もはやEUCでは無い気もしますが、検索した範囲では、この全領域が外字領域らしいので、次のように単純なマッピングとした。
これは、完全に独自の配置で、これが最良なのかどうかは定かではありません。

0xA121‐0xE528 → Unicodeの U+E000‐U+F8FF
0xE529‐0xFE7E → Unicodeの U+F0000‐U+F0983

具体的な仕様、特にG2やG3の配置は不明なので、これは通常のEUC-JPと完全に同じとした。


実際の文字を認識する変換


仕様上は、この外字を機種依存文字のように扱うことも、可能です。

実際に登録されている文字と、他の符号系の文字を対応させるには、当然ながら変換表が必要になります。

現実にどんな文字があるのかは実物を見たことがないので分かりませんが、当製品は文字集合(CCS)として差を区別でき、それを専用のDLLとして提供できる特徴があります。
従って、その文字配列が企業秘密(役所秘密?)などであっても、専用のDLLを納品するわけですから、情報が漏れる恐れがありません。

具体的には、入力されたEUC-HJの拡張部分の文字とUnicode文字の対応表を作ります。
これを構造体としてテーブルを吐き出すプログラムを通し、拡張→UnicodeとUnicode→拡張の二つの構造体を作って使うことになる。

どうやって文字を同定するかは、その場で考えざるを得ませんが、別途見積もりで開発させていただきますので、ご入り用の企業様、自治体様、公共団体様、病院様などは、お問い合わせ下さい。


無償でも対応


この項目はたまたまEUC-HJでありますが、実際にはEUC-HJに限らず、どんな符号であっても対応できます。
「既存の実装と互換性を持たせた独自の符号の作成」なども、対応します。

なお、「弊社に無償で仕様が公開され」「制作物の公開にロイヤルティが不要で」「納期が充分に長く他の作業に支障を与えない」条件であれば、その実装を「無償」ですることも可能です。
完成後は、その変換用DLLを、ソフトウェアのライセンス価格以外の追加費用なく供給致しますが、同時に、配布物にも添付し、他の方も利用可能とさせていただきます。

2008/12/15(月)00:47 |Comments(0) |Trackback(0)

製造開発 | プログラミング | コンピュータ | [編集]

▲ページトップ

コメント

コメントの投稿

製品紹介ページを作った ホーム WZ EDITOR 6
トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲ページトップ

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

miraicorp

Author:miraicorp
未来情報産業(株) 社長

主として「ICカードこれひとつ」や「文字、文字コード」処理、時々C++などについて記述しています。

twitterツイッター

管理用

検索フォーム

お知らせ

コメント等お気軽にどうぞ。

気に入ったら拍手して頂けると、今後の記事を書く際の参考や励みになります。

■お仕事を募集しております
ソフトウェア製造の仕事や、原稿執筆の仕事などを随時受け付けております。
お気軽にご相談下さい

■初めての方へ
こまごまと更新しているため、他にも関連する記事があるかもしれません。
「月別アーカイブ」「検索フォーム」「カテゴリ」などをお試し下さい。
トップページはこちら

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

広告枠

メール

メールはこちら

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

QRコード

QR