いわさきICカードの停留所番号について(5回目) 最終手段

詳細は1回目である「いわさきICカードの停留所番号について」をご覧下さい。

最終手段


いわさきICカードですが、これまで全9バイト(72ビット)のうち、途中や下位の部分比較をすることで、バス停番号を見いだす調査と研究をしてきました。

下位7バイト(56ビット)の比較で、おおむねバス停番号が確定できそうではありましたが、実際にはこれでもだめで、重複が生じます。

そこで今回、諦めて、できるだけ避けていた全桁比較を実施することとしました。
具体的には従来の実装下位7バイトに、さらにもう一つ情報を加え、上位2バイトをあわせて全9バイトを比較する形としたものです。

これまで下位7バイト用として登録された情報については、かなり大変でしたが全て再チェックし、DBに不足する2バイト分の情報を書き足す作業が完了しました。ですので公開中バージョンと同等以上のデータが再登録されています。
後にも書きますが乗車と後者は番号が違うので、これによっていわさきのDBデータ量は当社比2倍に増大しました。


重複するかどうかはまだ不明


同じ車体の同じ系統の同じ停留所なら常に同じ9バイト(72ビット)もの情報をカードに書くのかどうか、はまだ不明です。今後明らかになることでしょう。
そして、この9バイト(72ビット)もある番号が本当に一意なのかどうかも謎です。これも今後明らかになることでしょう。


乗車と後者は原則として番号が違う


理由は不明ですが、乗車と後者では上位2バイトの内容が異なります。
登録については報告があったものに限るので、同じバスの同じ系統の逆方向で同じバス停に乗ったとしても、乗車と後者は別の登録になるので表示はできなくなります。


今後起こること


どうやら上位2バイトから4バイト程度で車体あるいはカード端末を一意に表わし、その中で他の番号と全く調整を取っていない附番方式で系統、そして停留所番号を振っているのではないかと予想されます。

全情報比較となったことから、従来はたまたま一致して正常表示されていた停留所や営業所も、今後はたまたまでは表示されなくなります。完全一致が表示の条件となるためです。

このため特に営業所や、鴨池・垂水フェリーでは従来表示できていたものが表示できなくなる現象が頻発すると予想されます。
ただこれも、営業所の窓口番号、フェリーでも改札機の番号、といったものが番号で区別可能になる可能性があります。
こういった報告の際には、端末装置が一意に特定できる情報をお寄せいただければ幸いです。



←4回目 ◆ 6回目?→

2017/09/22(金)18:44 |Comments(0) |Trackback(0)

地域振興 | ソフトウェア開発 | コンピュータ | [編集]

▲ページトップ

コメント

コメントの投稿

ホーム いわさきICカードの停留所番号について(4回目)
トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲ページトップ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

miraicorp

Author:miraicorp
未来情報産業(株) 社長

主として「ICカードこれひとつ」や「文字、文字コード」処理、時々C++などについて記述しています。

twitterツイッター

管理用

検索フォーム

お知らせ

コメント等お気軽にどうぞ。

気に入ったら拍手して頂けると、今後の記事を書く際の参考や励みになります。

■お仕事を募集しております
ソフトウェア製造の仕事や、原稿執筆の仕事などを随時受け付けております。
お気軽にご相談下さい

■初めての方へ
こまごまと更新しているため、他にも関連する記事があるかもしれません。
「月別アーカイブ」「検索フォーム」「カテゴリ」などをお試し下さい。
トップページはこちら

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

広告枠

メール

メールはこちら

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

QRコード

QR