いわさきICカードの停留所番号について(2回目)

いわさきICカードの停留所番号について」を書いて以降も、おかげさまで続々と情報が届いており、研究が進んできました。

フォーマットなどの詳細は前回の分をお読みいただくとして、今回は事業譲渡に関する番号の動きについて簡単にメモをしておきます。

かつての林田バスは、「いわさきバスネットワーク」となっていました。
Rapica/いわさきICカードでは、他のいわさきグループが事業者番号「4」であるところ、「5」が割り振られていました。
そんな折、今年の3月末をもっていわさきバスネットワーク株式会社のバス事業が、いわさきグループである鹿児島交通に譲渡されました。

その後の動向を見守っておりましたが、カードに書き込まれる番号については、次のような変遷を遂げたと考えられます。

①事業者番号の5は廃止され、旧林田バス系路線も「4」に付け替え
②系統と停留所を表わす番号は従来のまま

系統番号は推定12ビット、停留所番号は推定5ビットありますが、これは恐らく従来より「4」と「5」とで重複しないように管理されていたものと推定されます。
このため、事業譲渡に伴い事業者番号が5→4になりましたが、系統番号はそのまま利用できたのであろうと推定されます。

また新たなことが判明しましたらお知らせ致します。


←1回目 ◆ 3回目→

2016/05/16(月)11:16 |Comments(0) |Trackback(0)

地域振興 | ソフトウェア開発 | コンピュータ | [編集]

▲ページトップ

コメント

コメントの投稿

交通系の絵文字をUnicodeに追加したい ホーム 🇯🇵のスポンサーになりました
トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲ページトップ

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

miraicorp

Author:miraicorp
未来情報産業(株) 社長

主として「ICカードこれひとつ」や「文字、文字コード」処理、時々C++などについて記述しています。

twitterツイッター

管理用

検索フォーム

お知らせ

コメント等お気軽にどうぞ。

気に入ったら拍手して頂けると、今後の記事を書く際の参考や励みになります。

■お仕事を募集しております
ソフトウェア製造の仕事や、原稿執筆の仕事などを随時受け付けております。
お気軽にご相談下さい

■初めての方へ
こまごまと更新しているため、他にも関連する記事があるかもしれません。
「月別アーカイブ」「検索フォーム」「カテゴリ」などをお試し下さい。
トップページはこちら

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

広告枠

メール

メールはこちら

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

QRコード

QR