痼 ひさしくなおらないやまい

なんだかとっても!いいかんじ説明シリーズ 第17回

1番Aメロに登場する字



部首: 疒 + 8画
総画: 13画
解字: ⿸疒固

文字番号
U+75FC
諸橋 22285
康熙 0775.28

この字は、歌詞中では「ひさしくなおらないやまい」として使われている。

大漢和辞典には、次のように書かれている。
【痼】 22285 〔集韻〕古慕切 ㄍㄨ̀ ku4 ※韻の説明は「遇󠄁、去聲」
㊀久しくなほらない病。又、小兒の口がさ。㽽(7-22083)に同じ。〔段注󠄁本說文󠄁〕痼、久病也、从𤕫固聲。〔集韻〕㽽、說文、久病也、一曰、小兒口生瘡、或从固。
㊁固(3-4745)に通ず。〔正字通󠄁〕痼、本作㆑固。
㊂通じて錮(11-40578)に作る。〔康煕字典〕痼、亦通󠄁作錮。

久しく治らない病を意味するとする。先天性の病であったり、不治の病であったりするものを言うようである。


康熙字典網上版には、次のように書かれている。
痼 〔集韻〕〔韻會〕〔正韻〕𠀤古慕切音󠄁顧〔說文〕本作㽽久病也〔正韻〕久固之疾〔後漢光武紀〕京師醴泉湧出飮之者痼疾皆愈〔抱󠄁朴子微㫖卷〕抱󠄁 痼疾而言鵲之伎 又〔韻會〕通󠄁作固〔禮月令〕國多固疾 亦通󠄁作錮〔前漢賈誼傳〕必爲錮疾

は和の誤字ないし異体字と思われる。この文字は、康熙字典の見出しには無い。

音は反切で「古慕」とし、直音法で「顧」と同じとする。


この字は、なんだかとっても!いいかんじに登場する変な読みの漢字のうち、たった5つしか無いJIS X 0208収録の文字の一つである。

「なんだかとっても!いいかんじ」では、「ひさしくなおらないやまい」という訓読みを与えている。この典拠は「漢字部屋」に訓として記されていたことによる。漢字部屋は、参考文献として大漢和辞典、漢字源、新大字典、新漢語林、中華字海を挙げており、特にこの字については大漢和辞典の影響が強いと見込まれる。

恐らく、大漢和辞典にあった義「久しくなほらない病」をそのまま当該サイトが訓としたものと思われる。訓読みとしては全く熟しておらず、コンセンサスも得られていない。

一般的な日本語としては、「痼り」(しこり)という訓読みが存在する。


←第16回 第18回→

2010/03/19(金)13:39 |Comments(0) |Trackback(0)

文字 | 言語学 | 学問・文化・芸術 | [編集]

▲ページトップ

コメント

コメントの投稿

Google日本語入力で「AZIK」入力法を使う ホーム 玊 たまをみがくしょくにん
トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲ページトップ

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

miraicorp

Author:miraicorp
未来情報産業(株) 社長

主として「ICカードこれひとつ」や「文字、文字コード」処理、時々C++などについて記述しています。

twitterツイッター

管理用

検索フォーム

お知らせ

コメント等お気軽にどうぞ。

気に入ったら拍手して頂けると、今後の記事を書く際の参考や励みになります。

■お仕事を募集しております
ソフトウェア製造の仕事や、原稿執筆の仕事などを随時受け付けております。
お気軽にご相談下さい

■初めての方へ
こまごまと更新しているため、他にも関連する記事があるかもしれません。
「月別アーカイブ」「検索フォーム」「カテゴリ」などをお試し下さい。
トップページはこちら

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

広告枠

メール

メールはこちら

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

QRコード

QR