玊 たまをみがくしょくにん

なんだかとっても!いいかんじ説明シリーズ 第16回

1番Aメロに登場する字



部首: 玉 + 0画
総画: 5画
異体字: 玉

文字番号
U+738A
諸橋 20822
康熙 0727.01

この字は、歌詞中では「たまをみがくしょくにん」として使われている。


大漢和辞典には、次のように書かれている(部分引用)。
【玊】 20822
🈩 シ¯ユク スク 〔集韻〕息六切 ※韻の説明は「屋、入聲」
🈔 シ¯ヨク ソク 〔集韻〕須玉切 ※韻の説明は「沃、入聲」
🈪 キ¯ウ ク 〔集韻〕許救切 ※韻の説明は「宥、去聲」
🈩🈔🈪㊀玉のさいくにん。琢玉の工人。或は𤥔(7-20955)・璛(7-21241)に作る。
㊁きずのある玉。繁傳本は珛(7-20949)に作る。
㊂西戎の國の名。
㊃姓。

四義が定義されている。
読みは、旧かなづかいなので推定だが、シュク・スク、ショク・ソク、キュウ・ク、の6音であると見込まれる。

康熙字典網上版には、次のように書かれている。
玊 〔正韻〕玉玊二字不同點在下畫之旁者寶玉字也點在中畫之旁者須玊許救息六三切玊工也朽玊也又國名又人姓俗書玊玉不辨〔正字通󠄁〕禮六工土金木石艸獸皆工琢玉者謂之玊工猶󠄁剡木者謂之木工因物殊名不必別制玊字爲琢王者之稱󠄁讀玊爲粟齅二音󠄁也今玉交通󠄁作玉不作玊見玊爲贅文雖載正韻後世不信從也

正韻は玉と玊を異字とし、正字通は同字とする旨、説明されている。


「なんだかとっても!いいかんじ」では、「たまをみがくしょくにん」という訓読みを与えている。この典拠は「漢字部屋」に訓として記されていたことによる。漢字部屋は、参考文献として大漢和辞典、漢字源、新大字典、新漢語林、中華字海を挙げているが、訓を拾った元を明らかにしていない。

大漢和辞典は「玉のさいくにん。」とあり「たまをみがくしょくにん」ではないことから、他のソースである可能性があるほか、この当該サイトが独自の解釈で訓を創作した可能性がある。

これが訓として成立し得るかどうかについてだが、コンセンサス以前に根拠が乏しいと言わざるを得ない。


←第15回 第17回→

2010/03/16(火)22:33 |Comments(0) |Trackback(0)

文字 | 言語学 | 学問・文化・芸術 | [編集]

▲ページトップ

コメント

コメントの投稿

痼 ひさしくなおらないやまい ホーム 100年後まで残る創作漢字コンテスト
トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲ページトップ

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

miraicorp

Author:miraicorp
未来情報産業(株) 社長

主として「ICカードこれひとつ」や「文字、文字コード」処理、時々C++などについて記述しています。

twitterツイッター

管理用

検索フォーム

お知らせ

コメント等お気軽にどうぞ。

気に入ったら拍手して頂けると、今後の記事を書く際の参考や励みになります。

■お仕事を募集しております
ソフトウェア製造の仕事や、原稿執筆の仕事などを随時受け付けております。
お気軽にご相談下さい

■初めての方へ
こまごまと更新しているため、他にも関連する記事があるかもしれません。
「月別アーカイブ」「検索フォーム」「カテゴリ」などをお試し下さい。
トップページはこちら

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

広告枠

メール

メールはこちら

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

QRコード

QR