嚌 とりのかなしげなこえ

なんだかとっても!いいかんじ説明シリーズ 第13回

1番Bメロに登場する字



部首: 口 + 14画
総画: 17画
解字: ⿰口齊
異体字: 哜(簡体字)

文字番号
U+568C
諸橋 04474
康熙 0212.09

この字は、歌詞中では「とりのかなしげなこえ」として使われている。



諸橋大漢和辞典には、次のように書かれている。
【嚌】 4474
🈩 セイ ザイ 〔集韻〕才詣切 ㄐㄧ` ※韻の説明は「霽、去聲」
🈔 セイ ザイ 〔集韻〕前󠄁西切 ※韻の説明は「齊、平聲」
🈪 カイ 〔集韻〕居諧切 ※韻の説明は「佳、平聲」
四⃞ サイ 〔集韻〕莊皆切 ※韻の説明は「佳、平聲」
🈩㊀ なめる。〔說文〕嚌、嘗也、从口齊聲、周󠄀書曰、太保受同祭嚌。〔禮、雜記下〕主人之酢也、嚌之、衆賓兄弟、則皆啐之。〔注〕嚌・啐、皆嘗也、嚌、至齒、啐、入口。
㊁ 古は、𠴧(2-3750)に作る。〔集韻〕嚌、古作𠴧。
㊂ 齊(12-48560)に通ず。〔禮、祭統、君執鸞刀齊、釋文〕齊、本亦作嚌。
🈔㊀ 鳥の悲しいこゑ。〔集韻〕嚌、鳥哀聲。
㊁ うれへ悲しむ。嚌嚌。〔太玄經、樂〕管絃嚌嚌。〔注〕嚌嚌、憂悲也。
🈪 多くのこゑ。嚌嚌。〔集韻〕嚌、嚌嚌、眾聲。〔班彪、北征賦〕鵾鷄鳴以嚌嚌。〔注〕善曰、嚌嚌、眾聲也。
四⃞ 笑ふさま。嚌啀。〔集韻〕嚌、嚌啀、笑皃。

様々な文献から、五つの義を抜き出している。
「悲しむ」と「笑う」という、殆ど真逆の説明がなされるのも特徴の一つと言える。
大きく分けると「なめる」「声」「笑う」という三種類の意義があることが分かる。「なめる」だけは說文、それ以外は集韻に説明がある。
現用の中文では第一義の「なめる」という意味で主に使われている。台湾ではこの字形で、大陸では簡体字として「哜」という字が使われている。

康熙字典網上版には、次のように書かれている。
嚌 古文
𠴧〔唐韻〕在詣切〔集韻〕〔韻會〕〔正韻〕才詣切𠀤音󠄁劑〔說文〕嘗也〔書顧命〕太保受同祭嚌〔傳〕太保既拜而祭既祭受嚌至齒則王亦至齒〔禮雜記〕小之祭主人之酢也嚌之 又〔集韻〕前西切音󠄁齊鳥哀聲又居諧切音󠄁皆嚌嚌衆聲〔班彪北征賦〕鴈雝雝以羣翔󠄁兮鵾雞鳴以嚌嚌游子悲其故兮心愴悢以傷懷 又〔集韻〕莊皆切音󠄁齋嚌啀笑貌



Unicodeの資料UNICODE HAN DATABASEには、次のようにある。
U+568C kJapaneseKun NAMERU
U+568C kJapaneseOn SEI ZAI KAI SAI

音読みについては大漢和から引用されたものと思われるが、訓読みの初出が定かではない。実際に、日本語文章内に於いて使われている例が確認できていない。

別の資料として、ATOK2010の文字パレットでは、読みは、音読みは「セイ」、訓読みは「な・める」となっている。ATOKの送り仮名に従えば、「嚌める」という表現になるが、これについても使用例が確認できていない。

なめると言う意味であることは疑いようがないが、これが訓読みとして認知されているかどうかは別の問題である。


JIS X 0208にはなく、JIS X 0212(補助漢字)とJIS X 0213に収録されている字である。
「なんだかとっても!いいかんじ」では、「とりのかなしげなこえ」という訓読みを与えている。この典拠は「漢字部屋」に訓として記されていたことによる。漢字部屋は、参考文献として大漢和辞典、漢字源、新大字典、新漢語林、中華字海を挙げているが、訓を拾った元を明らかにしていない。

大漢和辞典にあった「鳥の悲しい声」を独自の解釈で「とりのかなしげなこえ」という訓読みだとし記載したという可能性はある。


←第12回 第14回→

2010/03/02(火)10:59 |Comments(0) |Trackback(0)

文字 | 言語学 | 学問・文化・芸術 | [編集]

▲ページトップ

コメント

コメントの投稿

嗒 われをわすれる ホーム 𠱐 わらおうとする
トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲ページトップ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

miraicorp

Author:miraicorp
未来情報産業(株) 社長

主として「ICカードこれひとつ」や「文字、文字コード」処理、時々C++などについて記述しています。

twitterツイッター

管理用

検索フォーム

お知らせ

コメント等お気軽にどうぞ。

気に入ったら拍手して頂けると、今後の記事を書く際の参考や励みになります。

■お仕事を募集しております
ソフトウェア製造の仕事や、原稿執筆の仕事などを随時受け付けております。
お気軽にご相談下さい

■初めての方へ
こまごまと更新しているため、他にも関連する記事があるかもしれません。
「月別アーカイブ」「検索フォーム」「カテゴリ」などをお試し下さい。
トップページはこちら

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

広告枠

メール

メールはこちら

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

QRコード

QR