SMPにある仮名文字集合

Roadmap to the SMPが2月10日付けで更新されていたので、以前との差を確認したところ、非常に興味深い変更がありました。


U+1B000‐1B0FFには、仮名文字の拡張領域が割り当てられ、ISO/IEC 10646:2003/Amd.7で2文字追加されることは既報の通りです。Unicode 6.0から利用可能になると見込まれています。

最新のドラフトは非公開になっていますが、かつてのドラフト段階では「1042 HISTORIC KANA」というブロック名でした。いまRoadmap to the SMPを見ますと、「(Kana Supplement)」と書かれています。


HISTORIC KANAという表現の場合、「歴史的仮名」と直訳できますが、「変体仮名」とも解釈でき、名称的に難があったことは事実です。これが、Kana Supplement、つまり「仮名補助集合」という当たり障りのない名称に変更されたことで、色々な可能性が出てきたという所でしょうか。

ただ、変体仮名などを全部入れるのであれば256文字分の領域では全く足りない(TRONコード等にある変体仮名集合とのラウンドトリップを実現するには不足している)という気がしますが、今後どうなるのかも注目していきたいところです。

2010/02/12(金)14:55 |Comments(0) |Trackback(0)

文字 | コンピュータ関連ニュース | コンピュータ | [編集]

▲ページトップ

コメント

コメントの投稿

大漢和の説明に、大漢和にない字が使われていた ホーム 仚 やまのうえにひとがいるさま
トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲ページトップ

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

miraicorp

Author:miraicorp
未来情報産業(株) 社長

主として「ICカードこれひとつ」や「文字、文字コード」処理、時々C++などについて記述しています。

twitterツイッター

管理用

検索フォーム

お知らせ

コメント等お気軽にどうぞ。

気に入ったら拍手して頂けると、今後の記事を書く際の参考や励みになります。

■お仕事を募集しております
ソフトウェア製造の仕事や、原稿執筆の仕事などを随時受け付けております。
お気軽にご相談下さい

■初めての方へ
こまごまと更新しているため、他にも関連する記事があるかもしれません。
「月別アーカイブ」「検索フォーム」「カテゴリ」などをお試し下さい。
トップページはこちら

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

広告枠

メール

メールはこちら

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

QRコード

QR