スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--)--:--

スポンサー広告 | | | [編集]

▲ページトップ

もじかん1.00a 公開のお知らせ

もじかん ver 1.00a を公開しました。
http://www.mirai-ii.co.jp/products/soft/gtef/

不具合の修正や改良等が主となっています。
詳細は更新履歴を参照してください。

大まかな変更点


大まかな変更点は、以下の通りです。

・6点点字と8点点字を選択するオプションを追加、点字コードのBraille ASCII 対応
・TAD出力まわりの改良
・JIS X 0208の変換表をIVS対応にした
・IVS対応のオプションの仕様変更、ON/AUTO/OFFの三種類で整理した。

今後は、(NEC選定含む)IBM拡張文字のIVS対応を進め、JIS X 0213、JIS X 0212、と対応を進めていく予定でいます。

遠くないうちに、もじかんコンパクトについても更新をする予定です。


異体字セレクター(VS)関係の補足


UTF-16/8等への出力時は、標準ではVSが出力されるモードになっています。不都合なら、-ivsoff を追加してください。将来的に、これらオプションをあらかじめ登録しておく機能などを搭載する予定でいます。

シフトJISからの入力の場合、自動認識の場合は文字集合の版が無効になっているためVSが出ません。手動でCCSを選択すると出力されるようになります。
例)
gtef infile outfile -i:sjis/90 -o:utf16-bom-le

標準的なCCSであればVSを出しますが、特殊な文字集合の場合、第一第二水準であっても(字形が不明確なので)VSを出さないことがあります。


VS対応の文字コード変換ツールというのは殆ど前例がないため、どういった実装、動作になるのが良いのかは試行錯誤の段階であろうかと考えられます。
実際に使ってみた上での率直なご意見などを戴ければ光栄です。

2010/01/06(水)16:40 |Comments(0) |Trackback(0)

製造開発 | ソフトウェア開発 | コンピュータ | [編集]

▲ページトップ

コメント

コメントの投稿

IBM拡張文字とUnicode ホーム IRG
トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲ページトップ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

miraicorp

Author:miraicorp
未来情報産業(株) 社長

主として「ICカードこれひとつ」や「文字、文字コード」処理、時々C++などについて記述しています。

twitterツイッター

管理用

検索フォーム

お知らせ

コメント等お気軽にどうぞ。

気に入ったら拍手して頂けると、今後の記事を書く際の参考や励みになります。

■お仕事を募集しております
ソフトウェア製造の仕事や、原稿執筆の仕事などを随時受け付けております。
お気軽にご相談下さい

■初めての方へ
こまごまと更新しているため、他にも関連する記事があるかもしれません。
「月別アーカイブ」「検索フォーム」「カテゴリ」などをお試し下さい。
トップページはこちら

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

広告枠

メール

メールはこちら

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。