絵文字: ドコモ、EM、ウィルコム

ドコモ、イーモバイル、ウィルコムの絵文字の相互変換機能が実装されました。
シフトJISと、UTF-8から外字が入出力可能です。

なお、シフトJISの場合は文字集合はJIS X 0208となりますが、UTF-8の場合の文字集合は全Unicode文字になります。当然、表示できそうにない文字(例えばアラビア文字など)も、UTF-8として出力可能となっています。

絵文字


ドコモ、イーモバイル、ウィルコムは互いにドコモ絵文字と互換のある実装がされています。
但しウィルコムの場合は昔からある独自の実装があり、この読み込みにも対応しています。
よって、ウィルコム独自→ドコモまたはイーモバイルという、今後どんどん実装されるであろう一方向変換が初めて稼働し始めました。

また、他のキャリアからウィルコム独自の絵文字への変換は行なわない方針(ドコモ絵文字で事足りるはず)としておきます。

変換先の違い


ウィルコムのドコモ互換絵文字はまだ未確認ですが、ドコモ→au/SBMと、イーモバイル→au/SBMでは、変換先が違う例が幾つか見られました。
ドコモの資料は、SBMがまだボーダフォンの頃の資料になっているので、今でも同じなのかは定かではありませんが、この資料通りに実装します。

原則として独自の判断は一切含めず、メーカーの意思を尊重した変換をまずは実装したいと考えており、このため現時点で、ドコモとイーモバイルは変換表が完全に分離されました。


実装


シフトJISの場合は日本語DLLで処理しますが、UTF-8の場合はUnicode DLLで処理されます。
両方とも、同じケータイ絵文字変換表をスタティックリンクしており、UTF-8で読んだ場合でも内部コードとして、シフトJISで読んだ場合と同等になるように加工しています。

出力もシフトJISの場合とUTF-8の場合で大差なく、必要に応じて変換を掛けてから、シフトJISかUTF-8かで出力するような流れとなっています。

次はauとSBMですが、ユーザー数から考えてauの方が需要があると思われるので、auの変換表を作り始めようと考えています。まだ、適当な文字集合名を決めていませんが。
auの変換が出来たあたりで一度β版を公開したく考えています。

2009/11/05(木)19:12 |Comments(0) |Trackback(0)

製造開発 | ソフトウェア開発 | コンピュータ | [編集]

▲ページトップ

コメント

コメントの投稿

wg2 ホーム ウィルコム絵文字の特徴
トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲ページトップ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

miraicorp

Author:miraicorp
未来情報産業(株) 社長

主として「ICカードこれひとつ」や「文字、文字コード」処理、時々C++などについて記述しています。

twitterツイッター

管理用

検索フォーム

お知らせ

コメント等お気軽にどうぞ。

気に入ったら拍手して頂けると、今後の記事を書く際の参考や励みになります。

■お仕事を募集しております
ソフトウェア製造の仕事や、原稿執筆の仕事などを随時受け付けております。
お気軽にご相談下さい

■初めての方へ
こまごまと更新しているため、他にも関連する記事があるかもしれません。
「月別アーカイブ」「検索フォーム」「カテゴリ」などをお試し下さい。
トップページはこちら

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

広告枠

メール

メールはこちら

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

QRコード

QR